ロンブー田村淳が新会社設立で会見へ「動きます」

Share Button

闇営業問題を発端にして、 騒動が拡大している吉本興業に所属するロンドンブーツ1号2号田村淳(45)が、今年6月に新会社を設立した。 8月1日には起業した 「株式会社がちキャラ」設立の記者会見を都内で行う。 これに先立ち淳は、7月26日にツイッターで以下のようにコメントしている。 「『起業』こんな時に何をやってるんだ! と言われるかもしれないのですが… ずっと何ヶ月も前から準備をしてきたので動きます。 キャラクターを中心とした新会社を起業します! 8/1に設立に関する記者会見を行います」 淳がプロデュースする新マネジメント会社は、 SNSを中心に「がちで頑張っているキャラクター」をサポートするもので、 企業の活性化、地域貢献を果たしていくことを目的としている。 5月には「がちキャラグランプリ」が行われ、あくびちゃんが優勝している。 記者会見では、淳の新たな取り組みについての発言とともに、 混迷する吉本興業の闇営業問題、 相方の亮(47) の今後についての発言にも注目が集まりそうだ。 >>> >>> 本文

つづきを読む

ネプチューン名倉、うつ病 2カ月休養…

Share Button

ネプチューン名倉、うつ病発症で2カ月休養…「体調を回復させて戻って参ります」 ***** お笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤(50)が、うつ病のため、 1日から約2カ月間、休養することが同日、 所属事務所のワタナベエンタテインメントから発表された。 名倉は昨年6月に頸椎椎間板ヘルニアの手術を受け、 0日間ほど休養。手術の経過は良好で、早期の仕事復帰を果たした。 だが一方で、手術の侵襲という普段の生活圏にはないストレスが要因で、 うつ病を発症。医師による「精神状態の安定が必要であり、 一定期間の休養が必要である」という診断により、 1日から再び約2カ月にわたって休養する運びとなった。 名倉は事務所を通じ「日頃応援して下さっている皆様、 関係者の皆様、この度はご心配、 ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。 少しの間休養させて頂きます。 体調を回復させて戻って参りますので、 よろしくお願い致します」とコメント。 相方の堀内健(49)、原田泰造(49)は、 同じく事務所を通じて連名で「この度はご心配、 ご迷惑をおかけ致します。潤ちゃんが元気に戻るまで、 そして安心してゆっくり出来るように、 しばらく2人ネプチューンで頑張ります!」とコメントした。 >>> 本文 >>>

つづきを読む

広末涼子、痴漢被害にあい加害者を説教「警察に突き出すよって…」

Share Button

広末涼子 痴漢被害にあい加害者を説教…昔と違ってすごい腹が立った 女優の広末涼子(37)が8日、日本テレビ系「行列のできる法律相談所」に出演し、最近、痴漢被害にあったことを明かした。  広末は、ブルゾンちえみのバックを務めるwith Bと共演。コージとダイキが「最近」「痴漢にあった」とふると、広末は「広末涼子」と不機嫌そうな表情でまとめた。  司会の明石家さんまが「広末、ほんまに?」と驚いて質問。広末は「ただの痴漢に遭いました」と思い出したように、いやそうな表情に。  共演者から矢継ぎ早に「触られたの?」と聞かれ、広末は「歩いてたら」と答えた。「後ろからお尻を触られて」と明かすと、周囲から驚きの声が上がった。  広末は「でも、自分で変わったなと思ったのは、昔なら怖かったけど今はすごい腹が立った」と結婚をへて子どもも3人授かり、自身がたくましくなったことにも気付かされた。「なんてひどい人なんだと思って説教しました。警察に突き出すよって言いました」と述べた。 本文こちら

つづきを読む

ダウンタウンが嫌いな芸人1位に 松本人志が悲しんでいたと東野幸治が明かす

Share Button

松本人志 嫌いな芸人1位に選ばれ悲しんだ…東野幸治が明かす お笑いタレントの東野幸治が8日、カンテレの「お笑いワイドショー マルコポロリ!」に出演し、 「嫌いな芸人50」の1位にダウンタウンが選ばれたことに関し、松本人志が悲しんでいたことを明かした。  番組では、週刊文春が実施した「好きな芸人ベスト50」「嫌いな芸人ベスト50」についてコーナーをもうけた。 ダウンタウンは「好き部門」で3位、「嫌い部門」で1位だった。東野は「松本さんが悲しんでました」とポロリ。  松本は「こんな一生懸命やってんのに、 なんで嫌われなあかんねん」と嘆いていたという。 東野は「やっぱり賛否もあるし、注目もあるし、 名前が出てくるねんて」と話し、 影響力が大きいことから選ぶ側が松本の名前を思いつきやすい傾向があるのではと指摘した。 http://news.livedoor.com/article/detail/13721963/

つづきを読む