田中将大、WS進出王手に導く快投 敵将脱帽、天敵を沈黙させた“変化”とは

Share Button

大一番で苦手アストロズ相手に7回零封「彼はゲームプランを変えてきた」
 ヤンキース田中将大投手は18日(日本時間19日)、

本拠地で行われたアストロズとのリーグ優勝決定シリーズ第5戦で7回3安打1四球8奪三振無失点と快投し、5-0の勝利に大きく貢献した。

2勝2敗のタイで迎えた一戦で、ワールドシリーズ(WS)進出王手に導く大仕事。敵将のA・J・ヒンチ監督は、田中が見せたシリーズ初戦とのある違いに白旗を上げている。

本拠地で2連勝を飾り、リードしていたはずのアストロズが窮地に立たされた。


Sponsored Links


敵地ヤンキースタジアムでよもやの3連敗。キャリアを通じてヤンキースを完璧に封じ込めてきたエースのカイケルを第1戦に続いて送り出したが、

無双ムードの田中相手に7回無得点と打線が沈黙させられたことは何よりも痛恨だった。

 ヒンチ監督は試合後の記者会見で「TANAKA」を自ら称え始めた。

詳細本文へ


Sponsored Links


本文こちら


この記事が気に入ったら『いいね!』してね


この記事を友だちに「シェア」しましょう