党首討論で希望の党の小池代表が「失速」横文字がオンパレード

Share Button

【党首討論会】希望の党の小池百合子代表の期待値に陰り 横文字のオンパレードで実相糊塗 第三極は「共闘」にすきま風も

与野党8党首による8日の党首討論会で際立ったのは、希望の党の小池百合子代表(東京都知事)の「失速」だった。

 リアル、パラダイム、ダイナミック…。空疎な横文字のオンパレードは、にわか仕立ての政党の限界を印象づける。

選挙戦は3極が争う構図だが、野党第一党・民進党をのみ込んだ「第二極」に黄信号がともり始め、「第三極」の共闘もすきま風が吹いている。

 横文字連発…具体性欠く


Sponsored Links


 安倍晋三首相(自民党総裁)と小池氏の直接対決が注目された討論会だが、
ふたを開けてみれば、
各党からやり玉に挙げられた小池氏が苦しい釈明を繰り返す場面の連続だった。

 まず矛先が向いたのは、安全保障法制を実質的に容認する希望の党に、
安保法制を「違憲」と断じてきた民進党から大量の前職らが合流している矛盾だ。

 公明党の山口那津男代表が「プラカードまで掲げて反対した民進党から100人を超えて公認を出した」と指摘すると、小池氏は民進党出身者をこう擁護した。

 「野党の立場で『政府を追及する』ということで厳しく対処されてきた」

本文こちら


Sponsored Links


本文


この記事が気に入ったら『いいね!』してね


この記事を友だちに「シェア」しましょう