李スンヨプ 引退試合で2打席連続本塁打!日韓通算626本塁打

Share Button

韓国の国民的英雄がユニホームを脱いだ。
かつてロッテや巨人などでもプレーした、
韓国プロ野球・サムソンの李スンヨプ内野手(41)が3日、
本拠地でのネクセン戦で引退試合に臨んだ。

 「3番・一塁」で出場し、初回1死三塁で先制の23号2ラン。

3回には24号ソロと2打席連続本塁打を放ち、
本拠地のスタンドをわかせた。試合は10―9で勝利。

英雄がグラウンドから去る花道を飾った。


Sponsored Links


 李スンヨプは04年からロッテ、06年からは巨人に所属。巨人では4番としても活躍し、移籍1年目の06年には打率・323、41本塁打、108打点の成績を残した。

11年のオリックスを最後に韓国球界に復帰。12年からサムソンでプレーし、今季限りでの引退を早い段階から明かしていた。

日韓通算では23年間で626本塁打をマーク。

韓国での467本塁打は歴代最多記録となっている。
08年北京五輪では、準決勝の日本戦で決勝本塁打を放つなど金メダル獲得に貢献した。


Sponsored Links


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00000147-spnannex-base


この記事が気に入ったら『いいね!』してね


この記事を友だちに「シェア」しましょう