警察官「リュックの中身見せて」…職務質問、所持品検査にどこまで応じる義務がある?

Share Button

警察官から職務質問を受けた際、リュックの中身を見せるよう執拗に求められ、拒否したら、すぐに帰してもらえなかったーー。

東京都内のIT企業につとめるエンジニアの男性が8月下旬、このように主張して、都を相手取って、慰謝料を求める国家賠償請求の訴訟を起こした。

このニュースを受けて、
インターネット上では「不当な公権力の濫用に司法はきっちりダメと言ってほしい」といった意見があがる一方、
「バックの中身見せればすぐに帰してもらえたのでは?」など、職務質問を拒否したことについて懐疑的な意見もあった。
つづき・・・本文

=ネットの声=


Sponsored Links


よく警察24時的な番組で、職質の鬼などと呼ばれる警官の様子が映し出されるけど、空振りの方が多いけど、そういうのはほとんど放送されないから、百発百中で見抜いているように放送されているだけだと思う。

その時の警察官の対応も心象に大きく影響しそうだな。
丁寧に対応してくれるならいいけど高圧的で断ったら署に連行するとか脅してくるような警官なら見せる気も失せるだろうし。
まあ何も悪いことをしてないのに見せたうえでさらに話が聞きたいからと連行されたら一番腹が立つが。

女友達が夜間に車内で仮眠をとっていたら職質を受けたそうで、車内にわんさかあった大人のオモチャも全部見られたと話していた。警察官は苦笑いだったそうです笑
その子もあっけらかんとした子だから笑って話していたけど、そういう気質の子じゃなかったら大変だよね。

何も悪いことしてないのに
高圧的な態度で接してくる
うざい警察官も多い。


Sponsored Links


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170902-00006598-bengocom-soci


この記事が気に入ったら『いいね!』してね


この記事を友だちに「シェア」しましょう