北朝鮮が日本政府に警告 米国への追従は「差し迫った自滅」

Share Button

北朝鮮が日本に警告、米国への盲従は「差し迫った自滅」

【AFP=時事】日本上空を通過する弾道ミサイルを29日に発射した北朝鮮は30日夜、日本政府に対し、米国に味方することは「差し迫った自滅」だと警告した。

 国営の朝鮮中央通信(KCNA)が伝えた声明は、「日本は今、朝鮮民主主義人民共和国(DPRK)に戦争を仕掛けようとする主人(米国)の動きを支持し、腕まくりをして出てきた」と非難。

日米の「軍事的結合」は朝鮮半島(Korean Peninsula)への「深刻な脅威」になると主張した。


Sponsored Links


 その上で、日本は「自滅に向かって加速していることに気付いていない」と指摘し、29日に発射したミサイルが上空を通過した北海道に展開する米軍に特に言及。

北朝鮮の「最も強力な報復」には、「差し迫った自滅に気付かず大騒ぎし」米国に盲目的に追従する「日本に対する警告も含まれている」と付け加えた。

 北朝鮮はさらなるサイル発射実験を行うと予告している。


Sponsored Links


【翻訳編集】AFPBB News
http://news.livedoor.com/article/detail/13546190/


この記事が気に入ったら『いいね!』してね


この記事を友だちに「シェア」しましょう