風見しんご夫妻、愛娘の事故の翌年に長男を死産していた「何でウチばっかり…」

Share Button

タレント・風見しんご(54)と、妻の尚子さん(50)が14日放送のTBS系「結婚したら人生劇変!○○の妻たち」(月曜・後7時)に出演。

10年前に交通事故で長女・大下えみるさんを亡くした翌年、長男を妊娠するも死産していたことをテレビで初告白した。

 えみるさんは07年1月17日、登校途中に自宅から約130メートルの交差点でトラックと衝突。

頭蓋(ずがい)底骨折のため約1時間後に息を引き取った。その間、生死をさまよい「よく頑張りました」と語る風見。

一方で尚子さんは「ハイハイするのも頑張れ、学校で友達作るのも頑張れって。ずっと頑張れって言い続けてた。


Sponsored Links


最後ぐらい頑張らなくて良いよって言ってあげれば良かったかなって後悔はしています」と後悔を口にした。

 事故から1年後に尚子さんの妊娠が発覚。

つづき・・・


Sponsored Links


本文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-00000234-sph-ent


この記事が気に入ったら『いいね!』してね


この記事を友だちに「シェア」しましょう