「飛行機が無事飛びますように」 80代女性がお祈りのため小銭をエンジンに投げ込み、フライトが5時間遅延

Share Button

中国、上海〜広州間のフライトを予定していた中国南方航空のCZ380便が6月27日、思わぬ理由で5時間以上もの遅延を余儀なくされました。

ちょっ、おばあちゃーん!!

原因とされているのは、80代女性が飛行機のエンジンにめがけて投げ込んだ “小銭”。

女性は現地警察に対し、空の旅の無事を祈るため小銭を投げ入れたと説明しています。


Sponsored Links


中国メディアの「北青网新聞(YNET)」によると、投げ込まれた小銭は全部で9枚。点検により、1角硬貨(ほぼ1円玉大)1枚がエンジン内に入り込んでいたことが発覚しました。

女性の奇行を目撃した乗客が係員に知らせたおかげで事態が明るみに。大きな事故には至りませんでしたが、約150人の乗客に影響が出ました。便は当日20時過ぎに、約5時間の遅れで広州市に到着しています。


Sponsored Links


-https://gunosy.com/articles/aeVIL


この記事が気に入ったら『いいね!』してね


この記事を友だちに「シェア」しましょう