<悲報>動物保護施設の獣医、安楽死の薬を自分に注射

Share Button

動物保護施設の獣医、安楽死の薬を自分に注射、台湾

*****

台湾では今月、保護施設に収容された犬や猫の殺処分を廃止する新法が施行された。

今から1年近く前、殺される動物たちが見るに忍びないと、施設で働いていた女性獣医が自殺し、台湾に衝撃が広がっていた。BBCのシンディー・スイ記者が取材した。


Sponsored Links


動物が大好きだった獣医の簡稚澄さんは、動物保護施設で働いていた。別の仕事、別のタイミングだったら、もしかすると避けられた悲劇だったのかもしれない。

台北に近い桃園市の施設で捨て犬の保護活動に関わっていた簡稚澄さんの同僚、
ウィニー・ライさんは簡さんについて、
「しょっちゅう残業していて、めったにお昼休みをとらなかったし、
いつも犬を気にかけて、犬のために休日を犠牲にしていました」と語った。

詳細「本文」へ
http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-38851315


Sponsored Links


-http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-38851315


この記事が気に入ったら『いいね!』してね


この記事を友だちに「シェア」しましょう