地球、2月16日に小惑星が追突し、海水が沸騰する説が浮上

Share Button

地球、2月16日に小惑星が追突し、海水が沸騰する説が浮上

2月16日に小惑星が地球衝突! 破局的な大津波が発生、海水は沸騰 NASAが隠蔽工作

現在、直径約1kmの小惑星「2016WF9」が地球に接近中である。

NASAの予測によると、WF9が地球に最接近するのは2月25日。

最も近づくときでも地球から約5150万km離れた宇宙空間を通過するので、地球衝突の危険はないとしている。

しかし、ロシアの天文学者デミン・ダミール・ザハロヴィチ氏の主張は、これとはまったく違う。

ザハロヴィチ氏の予測によれば、WF9は2月16日に最接近し、地球と衝突する可能性が極めて高いという。


Sponsored Links


WF9が海に落下した場合、破局的な大津波が発生し、海水は沸騰する。

ザハロヴィチ氏のコメント:

「NASAが公表している予測は間違っています。彼らは当然、本当のデータを持っているはずです」

「WF9と呼ばれている天体は、昨年10月、惑星ニビルが反時計周りに太陽のまわりを周回しはじめたとき、ニビル系から分離しました。NASAは、その頃から、WF9が地球に衝突すると知っていたはずです」

各国首脳はすでに危険を把握しているが、集団パニックの発生を怖れ、事実を隠蔽している可能性がある。


Sponsored Links


-https://gunosy.com/articles/RyHqZ


この記事が気に入ったら『いいね!』してね


この記事を友だちに「シェア」しましょう