“美の世界大会”の主催者に「痩せろ」と言われたミス・アイスランド、痛快な反撃に出る

Share Button

2015年度の大会で、アイスランドで最も美しい女性、「ミス・アイスランド」に選ばれた、アーナ・エール・ジョンズドッティアさん。

From the judging interview yesterday ✨ #missgrandinternational #missgrandiceland #mgi2016 #missgrandinternational2016

Arna Ýr Jónsdóttirさん(@arnayr)が投稿した写真 –

めでたく「ミス・グランド・インターナショナル」という美の世界大会への参加権を得た彼女でしたが…

その大会の出場前に、主催側のスタッフからこんな言葉を掛けられたといいます。

「きみは太りすぎていて肩幅も広い。最終選考に残りたければもっと痩せなければならない。朝食を抜いてサラダだけを食べればいいだろう」

誠に理不尽な言い草ですが…運営にかかわる人間の直々のアドバイスである以上、勝利を願う出場者の大半は、その内容に従うことでしょう。


Sponsored Links


しかし、自身を「強い女性」と表現するジョンズドッティアさんの対応は、少し違いました。

彼女は今回の出来事について、主催者側へ、以下のような手紙を送ったのです。


My goodbye letter✉️🖋

Arna Ýr Jónsdóttirさん(@arnayr)が投稿した写真 –

「私は、コンテストを辞退することにしました。
私があなた方にとって太りすぎだというのなら、それは、ミス・グランド・インターナショナルが私の顔、体、心すべてにふさわしくないことを意味します。

もしあなた方がこのまま“国際”コンテストを続けていくのなら、それぞれの国の美しさを受け入れられるようになるべき。

私の国では、この体は完璧です。どこへ行っても、そのことだけはいつも心に留めています」


Sponsored Links


本文「こちら」
http://buzzmag.jp/archives/95373


この記事が気に入ったら『いいね!』してね


この記事を友だちに「シェア」しましょう