「高齢者は歩かないから」新型コロナ対策めぐり、国会で自民党議員がヤジ→謝罪

Share Button

++++++
「高齢者は歩かないから」新型コロナ対策めぐり、国会で自民党議員がヤジ→謝罪

***ネットの声***

「松川議員の発言は理解できないし怒りを禁じ得ません。
介護施設、介護事業所、在宅介護サービス、老人福祉センターなどでは、高齢者の社会参加、外出支援などを行い、そのリハビリや介護予防、要介護度の悪化防止に貢献してきました。
デイサービスやデイケアにも要介護高齢者が出かけていき、生きがいや楽しみの一つとして機能しています。
このような介護サービスの拡充は「介護予防」の観点からも、政府や厚生労働省が介護費抑制という思惑がありつつも、推進してきた政策です。
コロナウイルス感染に細心の注意を払いながら、現在も地域の介護事業所では、高齢者にサービス提供を懸命に続けています。
政治家はこのような高齢者や介護事業所の想いに寄り添い、支援施策を立案する立場です。
今後も医療や介護ニーズが高い高齢者への感染拡大防止について、謝罪にとどまらず、真剣に取り組んでいただきたいです。」

「松川さんの事今まで勘違いしてました。
個人的に女性議員の中ではカナリ好感が持てる方だったんですけど、
そうですか、そんな事言う方だったんですね。
分かりました。」

「高齢者って自民党の大切な大票田なのに・・・
この野次でいかに与党議員が奢っているかがよくわかる。」


Sponsored Links


〜記事内容〜

3月2日に開かれた参議院予算委員会で新型コロナウイルスの感染拡大をめぐる質疑のさなか、「高齢者は歩かないから」との野次があった。

質問をしていた立憲民主党の蓮舫議員は、野次を飛ばしたのは自民党の松川るい議員(大阪府選出)であるとして、「こんな認識でいるのか」と批判した。松川議員はその後、謝罪した。

本文 >>>


Sponsored Links


出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200302-00010004-bfj-soci


この記事が気に入ったら『いいね!』してね


この記事を友だちに「シェア」しましょう