アフガニスタン支援の中村哲医師、現地で銃撃され死亡

Share Button

***アフガニスタン支援の中村哲医師、現地で銃撃され死亡

**ネットの声***

「アフガンの人々にも信頼されていて、常に最前線に立たれていた中村先生…悲しくてやりきれない。」
「別のニュースでは命に別状はないって書いてあったのに残念です、、、。ご冥福をお祈りします。」
「志ある人がね・・・
影響のある人だからこそ狙うんだろうけど
襲う側もこれでいいのかな
長期的にどうなるとか思考がないよね
幕末の辻斬りと変わらない」

***記事内容***

【AFP=時事】(更新、写真追加)アフガニスタンで長年支援活動に携わってきた日本人医師、中村哲(Tetsu Nakamura)さんが4日、東部ナンガルハル(Nangarhar)州ジャララバード(Jalalabad)で銃撃され、死亡した。同行していたアフガニスタン人の護衛ら5人も死亡した。

アフガニスタンで人道支援を行う国際NGO「ペシャワール会(Peshawar Kai)」の代表で、現地事業体ピース・ジャパン・メディカル・サービス(PMS)の総院長を務める中村さんは、ジャララバード市内を車で移動中に何者かに銃撃された。当初は負傷と報じられたが、後に当局が死亡したと発表した。


Sponsored Links


 ナンガルハル州知事報道官のアタウラ・コジヤニ(Attaullah Khogyani)氏は「不幸にも中村医師は、今朝の銃撃で負った傷が原因で死亡した」と述べた。3人の護衛と運転手、同僚1人も死亡したという。

 ペシャワール会のウェブサイトによると、中村さんはパキスタン北西部ペシャワール(Peshawar)で1984年に支援活動を開始。1991年には辺境地のナンガルハル州の村に診療所を開設した。

 さらに1998年、ペシャワール会はパキスタンとアフガニスタン両国での活動の恒久的拠点となる病院をペシャワールに開設した。

 アウズビッラー(Auzubillah)とだけ名乗るジャララバード在住の男性はAFPに対し、午前8時(日本時間午後0時半)ごろに銃声を聞いたと述べ、「日本人と護衛らを銃撃する男たちを見た」と明かした。

 現場の写真によると、白い軽トラックのサイドウインドーが銃で撃ち抜かれたとみられ、フロントガラスにも少なくとも3発の銃弾の痕があった。

続き本文へ***>>>


Sponsored Links


出典:*****


この記事が気に入ったら『いいね!』してね


この記事を友だちに「シェア」しましょう