舛添氏「韓国人が事態の深刻さにやっと気づいたからか」 世論一転、破棄から回避支持に

Share Button

****舛添氏「韓国人が事態の深刻さにやっと気づいたからか」
世論一転、破棄から回避支持に

前東京都知事の舛添要一氏がツイッター投稿で、
韓国が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄方針を、

直前で一転、失効回避したことに関して、

破棄支持が多数派だった韓国世論も一転、
失効回避が多数となっているとして、見解を記した。

舛添氏は「韓国メディアの世論調査によると、
GSOMIA失効回避に、韓国人の70・7%が賛成。


Sponsored Links


文在寅大統領の支持率も2・1%上がって50%」とつづった。

一方で「事前には、GSOMIA失効賛成が多数派だったはずだが」と、

破棄決定支持が50%超で、
不支持は30%に満たないとの数字が伝わっていたことを挙げ

「これは調査が問題なのか、
韓国人が事態の深刻さにやっと気づいたからなのか」とし、
「ポピュリズムであることには変わりない」と記した。

>>>


Sponsored Links


出典:*****


この記事が気に入ったら『いいね!』してね


この記事を友だちに「シェア」しましょう