木下優樹菜“恫喝DM”炎上で好感度急落…夫フジモンへの飛び火延焼も確実

Share Button

**木下優樹菜“恫喝DM”炎上で好感度急落…夫フジモンへの飛び火延焼も確実

「記事にも書いてあるが、そもそもいじめ武勇伝とかを平気をテレビで自慢する木下優樹菜の好感度が高かったことが不思議だった。
ようやく馬脚を現したようで、この機会にぜひテレビから消えて頂きたい。」

「元々好きでなかった自分の認識だと、このDMのような言動も全てイメージ通りで「知ってた」ので、特に印象変わらない。
むしろ今まで好印象だった人はどういうイメージを抱いていて、どうイメージとちがったから好感度下げているんだろうか。」

「今までこういう事が無かったのが不思議だったよね。」

***記事***

「フジモンの仕事に影響が出ないか心配ですね」(在京キー局関係者)という声も出始めた。

 フジモンとは、お笑いコンビFUJIWARAの藤本敏史(48)のこと。その藤本の妻でタレントの木下優樹菜(31)が、“恫喝ダイレクトメール(ダイレクトメッセージ)”で炎上し、謝罪に追い込まれた一件だ。

 あらましはこうだ。


Sponsored Links


 木下の実姉が今年7月にオープンした都内のタピオカドリンク店で働き始めた。木下は自身のインスタグラムで〈みんなタピりに行ってね〉などと、まるで姉の店かのように宣伝していた(現在は削除)。

 ところが、ほどなくして姉はタピオカ店を辞めることに。その際、店側とトラブルになったという。そこで木下が“恫喝DM”を送ったというわけだ。

 木下は、姉がタピオカ店とトラブルになっていることを自身のインスタで10月6日に報告(現在は削除)。

 その直後から木下のファンがタピオカ店のインスタに殺到することに。

〈最低な店。絶対に行かない〉〈経営者失格〉〈謝れ! 謝れ!〉などの中傷コメントが、次々と書き込まれた。それもそのはずで、木下は芸能界でもトップ5に入るほどインスタのフォロワー数が多い。その数、ナント530万人だ。

 ところが、事態は一変する。タピオカ店の関係者が、木下が店側に送ったDMをスクリーンショットで撮り、ツイッターで公開したのだ。

 確かに、DMの内容は穏やかじゃない。

 ***>>>


Sponsored Links


出典:*****
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00000004-nkgendai-ent


この記事が気に入ったら『いいね!』してね


この記事を友だちに「シェア」しましょう