川が氾濫危険水位超え“冠水”地区も…台風19号 12日昼過ぎから夜の初め頃に東海地方最接近へ

Share Button

**川が氾濫危険水位超え“冠水”地区も…台風19号 12日昼過ぎから夜の初め頃に東海地方最接近へ

大型で非常に強い台風19号は、12日昼過ぎから夜のはじめ頃に東海地方に最も接近する見込みで、記録的な暴風や高潮、大雨となる恐れがあり厳重な警戒が必要です。

 大型で非常に強い台風19号は12日午前10時現在、北に進んでいて、中心の気圧は945ヘクトパスカルとみられ、非常に強い勢力を維持したまま昼過ぎから夜のはじめ頃に東海地方に最も接近する見込みです。

 台風の接近で雨・風共にさらに強まるとみられ、予想される1時間に降る雨の量はいずれも多いところで、三重で90ミリ、愛知で60ミリ、岐阜で50ミリとなっています。

 また、13日午前6時までの24時間に降る雨の量は三重と岐阜で300ミリ、愛知で250ミリと予想されています。

 最大瞬間風速は陸上で35メートル、海上で60メートルと予想されていて、記録的な暴風となる恐れがあります。


Sponsored Links


 海上も猛烈なしけとなり、予想される波の高さは愛知と三重の外海でいずれも10メートルとなっています。

 台風の影響で鳥羽市の全域、伊勢市の多くの地区などで警戒レベル4の避難勧告が出されています。

 また、伊勢市の五十鈴川では氾濫危険水位を超え、冠水している地区があります。

 現在、各地で暴風や大雨などの警報が出ていて、今後記録的な暴風や高潮、大雨になる恐れがあり、気象台は厳重な警戒を呼びかけています。

 一方、交通にも大きな影響が出ています。東海道新幹線は、すべての区間で運休になっていて、12日は終日運転を見合わせます。またJR在来線も現在東海地方の全ての路線が運休。名鉄は午前11時ごろまでにすべての列車の運転を取りやめます。

 高速道路は現在、東名高速の静岡県・清水ジャンクション付近の上下線などで通行止めになっています。NEXCO中日本は、東名高速の東京ICから春日井ICなどで、12日正午以降、通行止めになる可能性があるとしています。


Sponsored Links


出典:*****
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00024777-tokaiv-soci


この記事が気に入ったら『いいね!』してね


この記事を友だちに「シェア」しましょう