400勝投手、金田正一氏が死去 死因は急性胆管炎による敗血症 86歳で

Share Button

**400勝投手、金田正一氏が死去 死因は急性胆管炎による敗血症 86歳で

**ネットの声***

「ただ1人の400勝投手。現役時代を見たことはないですが、素晴らしい成績でした。
ご冥福をお祈りします。」

「高すぎる壁を作られましたね。ご冥福をお祈りいたします。」

「戦後の球界を牽引した偉大な方ですね。
いろいろあったけれど、功績は永遠に
残ります。
自分はロッテの監督時代のイメージが
強いですが。
心よりご冥福をお祈りいたします。」

***記事***


Sponsored Links


プロ野球の国鉄、巨人で通算400勝を挙げた金田正一氏が死去したことが6日、分かった。同日午前4時38分、急性胆管炎による敗血症のため、都内の病院で亡くなった。86歳だった。巨人が発表した。

金田氏は愛知県出身。享栄商高を中退し、1950年に国鉄(現ヤクルト)入り。
8月入団ながら速球と縦に落ちるカーブを武器に8勝、打者としても17歳2カ月で史上最年少本塁打を記録した。

51年から14年連続で20勝以上をマークし、球界を代表する大投手に。対巨人、対長嶋茂雄に闘志を燃やし、58年4月5日の開幕戦(後楽園)では、デビュー戦の長嶋から4打席連続三振を奪った。

 巨人移籍5年目、通算400勝を達成した69年に現役を引退した。
前人未到の400勝、4490奪三振と298敗はともに史上最多。沢村賞には3度輝いた。背番号34は巨人の永久欠番になっている。

 引退後は73年から78年まで、90年と91年にロッテ監督を務め、
74年にはリーグ優勝と日本一に導いた。88年に野球殿堂入り。「カネやん」の愛称で親しまれ、ロッテ監督退任後は野球解説者、タレントとして活躍した。

 巨人の発表によると通夜、告別式は近親者のみで行われ、喪主は長男・賢一さん。後日、お別れの会を行うという。


Sponsored Links


出典:*****
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191006-00000152-dal-base


この記事が気に入ったら『いいね!』してね


この記事を友だちに「シェア」しましょう