蓮舫氏「嫌韓報道」への抗議声明に理解 「お互いを認め合う国に」

Share Button

*****
蓮舫氏「嫌韓報道」への抗議声明に理解 「お互いを認め合う国に」
****************

**ネットの声***

「「誰かを見下して自分の価値を認めるのは哀しいです」
 正論である。ぜひとも向こうのマスコミに大々的に訴えてもらいたい、向こうのね。」

「ごめん、それあっちに言ってほしいのと、あなたに言われたくないのと、両方あるね。なんで朝日新聞とか蓮舫とか、過去の失態を考えるとここでは出てきにくいところで平気で出て来れるんだろうか。やっぱり他国に通じてるんでしょうかね。日本人では考えられない感覚ですもん。」

「日本はずっと誠意を見せてきたと思う。
隣国として歩み寄ろうとしたと思う。
あっちがそれを受け取らないなら
もはや仕方ないでしょ。」


Sponsored Links


「嫌韓は悪くて、反日は良い、その基準を素人にも分かるようにしっかり説明してほしい。」

****************

立憲民主党の蓮舫副代表が13日、ツイッターを更新。
悪化する日韓関係の中、日本のメディアでも「嫌韓」を
あおるような報道や出版が相次いでいるとして、

マイノリティの人権保障などに取り組むNPOなどが12日に
抗議声明を発表したニュースを引用して
「お互いを認め合う国でいてほしい」と訴えた。

続き本文へ ****>>>>


Sponsored Links


出典:*****
YahooJP


この記事が気に入ったら『いいね!』してね


この記事を友だちに「シェア」しましょう