千葉で大規模停電続く…都内から車で1時間の地域が“孤立化”!? なぜ?「物資が届かない…」

Share Button

*****
千葉で大規模停電続く…都内から車で1時間の地域が“孤立化”!? なぜ?「物資が届かない…」

**ネットの声***

「東電の問題じゃないよ
当初の行政の判断の甘さが一番の原因だよ
そもそも、こういった局地的な停電災害の時には近隣県の建機レンタル屋と発電機や建機などの優先的なレンタルの協定を結んでおけば良かった話
大震災に何も学んでいない政治家が被害を大きくしてるだけだよ」

「電線に掛かっている倒木以外は、自衛隊でも撤去出来たはず。
現場へいかに早くアクセス出来るかを、発災時から最優先に考えるべきでしょう。
神奈川県在住ですが、神奈川県も災害派遣要請が遅いように感じました。
初動の遅れが災害を拡大してしまうという、過去の教訓を生かしきれてない。
裏をかえせば、首都圏がいかに地方の災害を今まで他人事にしていたかということのように思えます。」

*****

「復旧に遅れ」見通しの甘さも・・・東京電力が会見
千葉県を中心にした大規模停電から9月12日で4日目。


Sponsored Links


東京電力によると千葉県では9月12日午後1時時点で

約33万1500軒で停電が続いているという。
東京電力は当初、9月11日までに全面復旧を
目指すと説明していたが…。なぜ大幅に遅れているのか?

塩川和幸技監(東京電力パワーグリッド株式会社):
千葉市・八千代市・四街道市・印西市の全域および市原市の
一部地域につきましては、本日中の復旧を見込んでおります。

その他の地域につきまして、全てが復旧するのは
9月13日以降の見込みでございます。

当初の復旧の予定よりかなりずれ込んでしまった原因を問われると
「倒木が非常に多く、損害状況が把握できない」
「改修には大型車を搬入しなければならず、
まず伐採をしなくてはいけないエリアがかなり多く判明した」
と説明した塩川技監だったが、さらに厳しい質問を受けると、
「見通しの甘さ」への反省の弁が。


Sponsored Links


続き本文へ ****>>>>


この記事が気に入ったら『いいね!』してね


この記事を友だちに「シェア」しましょう