不買運動で販売台数58台の日産、結局は「韓国撤退を検討」

Share Button

****************
不買運動で販売台数58台の日産、結局は「韓国撤退を検討」
****************

日産自動車が韓国市場から撤退することを検討していると、
英フィナンシャルタイムズ(FT)が6日報じた。
韓日関係の悪化で日本車の販売が急減したことへの対応措置とみられる。

FTによると、日産はこの数カ月間、
韓国で自動車販売を続けるべきかどうかを分析してきた。しかし韓日間の外交・貿易紛争が日本製品不買運動へと急激に広がり撤退の議論が進んだと、業界関係者は伝えた。

実際、韓国輸入自動車協会(KAIDA)統計によると、
日産の8月の韓国内自動車販売台数は58台と、前年同月比88%減少した。

2018年8月の日産の販売台数は459台だった。
日本車全体の8月の販売台数(1398台)は前年同月(3243台)比で57%減少した。


Sponsored Links


日産は2004年3月に韓国日産法人を設立して韓国市場に進出したが、
トヨタとホンダに劣勢で苦戦してきた。
昨年2.39%だった日産の韓国市場シェアは今年に入って0.32%まで落ちた。

FTは「日産が韓国市場からの撤退を検討するのは世界的な業績悪化による
全般的な構造調整とも関係がある」と伝えた。
日産自動車は先月、2022年までにグローバル生産能力を
10%減らして1万2500人規模の人員減員を実施すると発表した。

**ネットの声**

「検討ではなく、実施して下さい。」
「コリアリスクを考えれば、長期的に見てこの判断は妥当と思う。」
「両国関係や感情抜きにして普通に撤退でしょ。
ルノーサムスンがあってデザインとか性能が似通ったラインナップもあるんだからそもそも日産いらないでしょ。
でも、中身は外資だが、日本のでかい企業が撤退という事実はインパクトある。
あとは政治が撤退する動機を与えないと、制裁とか。
安倍晋三の怠慢が日本企業の撤退を鈍らせているのは間違いない。」

***>>>


Sponsored Links


出典:*****


この記事が気に入ったら『いいね!』してね


この記事を友だちに「シェア」しましょう