悪質運転の映像相次ぐ あおり運転し暴行加えた同一犯とみて静岡県警が捜査

Share Button

茨城県の常磐自動車道で10日に、男があおり運転の末に暴行を加えた事件
同じ車による危険な運転の映像が、相次いで寄せられている
静岡県警は、同一犯によるあおり運転とみて捜査を開始した

>>>

12日からお伝えしているテレビ朝日に寄せられた1本の映像。
12日にこの映像を報道すると、同じ車が静岡や愛知でも危険な運転をしていたという情報が別々の人から寄せられた。

そのうちの一つ、愛知のケースでは高速道路上で1台の白い車が蛇行運転を繰り返す様子をトラックのドライブレコーダーが捉えていた。

13日にお伝えしたこの映像の続きには実は続きがあった。さらに、この一連の悪質な運転について静岡県警が同一犯によるあおり運転とみて捜査を開始したことが分かった。


Sponsored Links


 茨城、静岡、愛知の3県で目撃された白いSUV(スポーツ用多目的車)による危険な運転。10日には、茨城県の高速道路で後続車を止め、運転手を殴る暴力行為も。

愛知県の新東名高速道路では、SUVはトラックの前で車体を小刻みに揺らし蛇行運転を開始。窓から腕で合図を出すなどしていたが、このケースの新たな映像を入手した。一度トラックの前で停止したSUV。

その後、高速の降り口付近に進みトラックを待つように停車した。しかし、別の車が横切り邪魔される格好となり、SUVはそのまま高速道路を降り、トラックは事なきを得た。トラックの運転手は…。

動画は、こちら >>>


Sponsored Links


動画:https://youtu.be/f81TVS88ifk


この記事が気に入ったら『いいね!』してね


この記事を友だちに「シェア」しましょう