「龍角散」社長のセクハラ疑惑 裁判長も呆れ顔の「証拠なき反論」

Share Button

セクハラ疑惑が浮上した龍角散の社長について週刊女性PRIMEが報じた
元法務部長がセクハラ行為を告発し、不当解雇されたとして6月に提訴
否定する社長側は第1回口頭弁論で証拠を提出せず、裁判長も呆れていたそう

>>>

「セクハラなんてなかったのに捏造(ねつぞう)してけしからん!」

龍角散の元法務部長の福田由紀子さん(仮名・50)が、
藤井隆太社長(60)によるセクハラ行為の社内調査をしたことで
不当解雇されたなどとして、解雇の無効と地位の確認、
賃金の支払いなどを求めて6月、東京地裁に提訴した。


Sponsored Links


 社長の赤裸々なセクハラの記録が事細かに
記された訴状に記者らからは驚きの声も。

「飲み会の席で女性社員に“首筋が色っぽい、
ゾクゾクする”などと囁(ささや)いたり、
福田さんを呼び出して抱きつくなどした行為が記されていました。

いずれも酒の席での出来事で、
被害に遭った女性社員はセクハラと認識していないことから
社長側は“捏造だ!”と断言していました」(
全国紙記者)

セクハラだけではなくパワハラも >>>


Sponsored Links


出典:>>>


この記事が気に入ったら『いいね!』してね


この記事を友だちに「シェア」しましょう