韓国が「報復措置」…優遇対象国から日本を除外

Share Button

韓国が「報復措置」…優遇対象国から日本を除外

*****

ネットの声「日本が韓国を輸出優遇措置対象国から外したのは、定期的に開かれていた日韓の会議を2016年以降は韓国が拒否してきたこと、さらに156件の不正輸出が発覚したために「安全保障上の懸念」が生じたという客観的な理由があります。しかし今回の韓国の措置は極めて恣意的なもので、日本を優遇対象国から外すため、わざわざ新しい分類を設置しました。

これは韓国が7月にWTO商品貿易理事会で緊急案件上程した「政治的動機による不当かつ根拠のない貿易制限措置」そのものです。すなわち日本に対する嫌がらせがそのまま韓国へのブーメランになりえます。


Sponsored Links


なお今回の規制が行われても用途に問題がなければ時間がかかるのみで、また同じような半導体などは台湾などから購入することも可能なため、日本の産業に影響はほとんどないようです。かえって他の国に仕入れを変更する企業が増え、韓国企業が困る結果になるのではないでしょうか。」

「振り上げた拳をどうするかと思ってましたが、1番韓国自身がダメージ受ける殴り方をしてきたような。。。
これこそ、報復措置にあたりWTO違反となるのではないだろうか。」


【ソウル=水野祥】韓国産業通商資源省は12日午後、
韓国からの戦略物資の輸出に関連し、

手続き簡略化の優遇措置を受けられる対象国から、
日本を外す制度の改正案を発表した。
日本の対韓輸出管理厳格化に対する事実上の報復措置とみられる。


Sponsored Links


発表によると、新たな制度下では、韓国企業は、
対象物資の日本向けの輸出に関し、輸出契約ごとの個別許可が必要になったり、
輸出申請の書類が増えたりする。20日間の行政手続きを経て、
9月中に新制度を施行するという。
出典:YahooJP


この記事が気に入ったら『いいね!』してね


この記事を友だちに「シェア」しましょう