「NO日本」呼びかける旗掲げるも当日撤回 批判殺到で

Share Button

【ソウル聯合ニュース】日本の経済報復を受け、
韓国の地方自治体がさまざまな対抗措置を取っている中、

多くの外国人観光客が訪れる明洞などが
あるソウル市中区が6日、

日本製品の不買や日本へ
の旅行中止を呼びかける旗を設置したが、

市民らの批判を受けて、
その日のうちに撤去する方針を決めた。

 旗には英語で「ノー(ボイコット)ジャパン」、
韓国語で「行きません、買いません」と書かれている。

 同区の徐? 鎬(ソ・ヤンホ)区長は自身のフェイスブックに
「日本政府の経済報復に対し、


Sponsored Links


国民と共に対応するという趣旨だったが、
思わぬ心配をかけて申し訳ない」と陳謝。

「旗が日本政府と日本国民を同一視し、
日本の国民に不要な誤解を与えかねないという憂慮や、

不買運動を国民の自発的な領域として
残すべきだという批判を謙虚に受け入れる」として、
旗を撤去する方針を明らかにした。

同区は同日午前、区内に約50本の旗を設置した。
計1100本を設置する計画だった。

>>>>>


Sponsored Links


本文:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190806-00000053-yonh-kr


この記事が気に入ったら『いいね!』してね


この記事を友だちに「シェア」しましょう