「日本に勝つためのツールとして”北朝鮮との夢”を語るのは現実離れ」文大統領の”南北経済協力”発言に波紋

Share Button

輸出管理上の優遇国(ホワイト国)から
韓国を除外した日本政府に対し、

およそ1万5000人がソウルの日本大使館前で抗議集会を行うなど、
日韓関係は“過去最悪“といわれる状態が続いている。

そんな中、文在寅大統領は5日、
「日本政府はこれまでの悲しい過去を乗り越え、

互恵協力的に韓日関係を発展させてきた両国民に大きな傷を与えている。
“過去を覚えていない国、日本“という批判も日本政府が自ら作っている。

日本は“経済力だけで世界の指導的位置に立つことが
できない”ということに気づくべきだ」と日本を痛烈に批判。

 その上で、打開策として
「南北間の経済協力で平和経済が実現すれば、


Sponsored Links


韓国は一気に日本の優位に追いつくことができる。
平和経済は南北関係と米朝関係にずれがあるからといって、

簡単に悲観したり諦めたりすることではない。

朝鮮半島の平和秩序を主導的に開拓し、
国際舞台での共存共栄と互恵協力の精神を誠実に実践していく」

と、“北朝鮮との経済協力“に言及した。

>>>>>


Sponsored Links


出典:Yahooニュース


この記事が気に入ったら『いいね!』してね


この記事を友だちに「シェア」しましょう