ホワイト国除外を受け文大統領が日本を非難「悪口雑言、下品な文大統領」

Share Button

ホワイト国除外を
受け文大統領が日本を非難
深谷隆司氏「下品」

************

ホワイト国除外を巡る文大統領の非難を、自民・深谷氏は「下品」と評した
軍事転用可能な物資の管理に不備があったのだから、除外は当然だと指摘
反日行動を続けながらも貿易では特別扱いを要求するのは虫のいい話だとした

************

日本政府がホワイト国から韓国を除外する事を閣議決定した事で、
文大統領、「事態を一層悪化させる無謀な決定、加害者である日本が、
盗人たけだけしく大声を上げる状況は座視しない」
と口を極めて日本を非難した。

この国は気に入らないと他国の国旗を焼いたり、
不買運動でロゴのある商品を踏み潰したりする。


Sponsored Links


品がないことこの上ないが、
大統領自身がこんなに下品なのだからやむを得ないということか。

 一体、日本の政治家の誰が大声を上げているというのか。
ただ淡々と対応しているだけなのだ。

 ようやく多くの人が理解してきたが、
「ホワイト国」とは、大量破壊兵器の拡散の恐れのない友好国に、3年間、輸出品について1回1回審査をやらなくてもいいという優遇措置である。

日本は27カ国を対象にしていたがアジアで唯一韓国を加えていた。日本企業と密接なつながりのある台湾や東南アジア諸国はホワイト国では無い。

 ところが近年、韓国では軍事転用の恐れのある物資の管理体制に不備があることが明らかになってきた。
生物・化学兵器を含む大量破壊兵器転用可能な物資をシリアやイランなどに不正輸出、韓国政府はこれらの企業に行政処分を行った。

なんと今年3月までの処分対象は142件に上り、これは >>>>


Sponsored Links


つづき本文


この記事が気に入ったら『いいね!』してね


この記事を友だちに「シェア」しましょう