日本ハム・大田 断トツも辞退 大激戦のセは阪神・原口 球宴プラスワン投票

Share Button

「マイナビオールスターゲーム2019」
(第1戦=12日・東京ドーム、
第2戦=13日・甲子園)に出場するセ、
パ各リーグの「最後の一人」

を決めるプラスワン投票の結果が9日に発表され、
セ・リーグから阪神・原口文仁捕手(27)が選出。

日本ハムは大田泰示外野手(29)が選出されたが、
腰痛で2軍調整中のため、辞退。
代わりに西武・源田壮亮内野手が選出となった。

セは激戦となった。
原口は6662票でトップ選出となったが、
2位の巨人・小林誠司捕手は6277票で、

その差はわずか385票差だった。
3位の巨人・中川皓汰投手も5167票。


Sponsored Links


4位の阪神・西勇輝投手は3839票、
5位のヤクルト・青木宣親外野手は3609票だった。

パは日本ハム大田が15048票で断トツのトップ。
昨年もプラスワン投票で選出されたが、

左手骨折により出場を辞退しており、
2年連続で無念の結果となった。

代わりに、
2位で5652票を集めた西武・源田が3年連続3度目の球宴出場を決めた。


Sponsored Links


src:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190709-00000091-dal-base


この記事が気に入ったら『いいね!』してね


この記事を友だちに「シェア」しましょう